手作り味噌教室

 

10月から3月まで、手作り味噌教室再開します。

10月は 【小豆と黒豆の味噌】です。

 

小豆と黒豆と生米麹で作る味噌を仕込むワークショップです。

 

クコの実なども入っていて、ほんのり甘いお味噌ができます。

小豆はサポニン、ビタミンB1、ポリフェノール、アントシアニン、カリウム、マグネシウムなど、体の老化を防ぐ効能がたっぷり。

黒豆は大豆の種類のひとつです。イソフラボン、黒大豆ポリフェノール、ビタミンB群、カリウム、レシチンなどが含まれており、動脈硬化予防、更年期障害の改善、高血圧、骨粗鬆症予防など、アンチエイジング効果も高い食品です。

クコの実もアミノ酸、β-カロチン、ビタミンB1、B2、C、E、カルシウム、リン、鉄などの成分が含まれており、抗酸化作用、免疫力アップ、眼精疲労回復、美肌効果も高いと言われています。

 

教室では、約1キロのお味噌が出来上がります。

仕込み用の豆は全てゆでてあります。
お料理が得意では無い、味噌造りが初めての方でも、簡単に仕込みができるようにわかりやすくお教えします。

 

<開催日>
10月17日(土) 13時〜16時

10月29日(木) 13時〜16時

 

<参加費>
6,500円
材料、仕込み用容器、軽食付き(おにぎり&味噌汁 教室で作れる味噌の味比べもできます)

 

<持ち物>
エプロン、三角巾(バンダナ等 髪の毛をおおえるもの)
仕込んだ味噌を持ち帰り用の袋

 

<定員>
6名

 

<会場>
プチブレストスタジオ
東京都中野区本町6丁目22-16  ライオンズマンション新中野2−102号

東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩 3分

 

参加ご希望の方は、こちらのメールフォームから
https://www.cobra-pic.jp/gattonero/workshop_entry/

「手作り小豆黒豆味噌教室 参加」

お名前(フリガナ)
メールアドレス
携帯番号
ご希望の参加日(10月17日(土) 10月29日(木))

ご記入の上、お申し込み下さい。

シードケーキレシピ

 

シードケーキレシピ

・ギー(無塩バター) 70g
・黒砂糖       70g
・卵         2個
・薄力粉       100g
・ベーキングパウダー 小さじ2
・キャラウェイシード 大さじ1
・シナモン      小さじ1
・オールスパイス   小さじ1


 

オーブンを170度に余熱しておく。

ギーは常温で柔らかくしておく。

ギーに黒砂糖をすり混ぜる。

ギーと黒砂糖がよく混ざったらキャラウェイシード、シナモン、オールスパイスを加え更に混ぜる。

上記に溶き卵を少しずつ加えて混ぜる。

ふるった小麦粉とベーキングパウダーをまぜる。さっくりと混ぜる感じ。

パウンド型にオーブンペーパーで型を敷いて生地を流し入れる。

170度のオーブンで40分焼く。

竹串をさして生地がついてこなければ、できあがり。

 

ソルトチーズクッキーレシピ

 

ちょこっとつまめる、甘くないクッキーを作ってみました。

ソルトチーズクッキー

【材料】20〜22枚ぐらい

・小麦粉(薄力粉)100g

・ギー(無塩バターでもOK) 40g

・黒砂糖(キビ糖でもOK) 20g

・とろけるチーズ 50g

・塩 今回は ゲラントの塩を使用 適量

・粉チーズ 適量

 

 

 

【作り方】

とろけるチーズをみじん切りにする

小麦粉をふるっておく

ギーを溶かす。湯煎がオススメですが、電子レンジでも可。その場合は 600で約2分

ボールに小麦粉、黒砂糖、みじん切りのチーズを入れ、

ゴムべらで よく混ぜ、混ざったら溶かしたギーを加えて更に混ぜる

練るようにサックリと混ぜてひとかたまりにする。粉っぽさが無くなればOK

捏ねたり混ぜすぎたりすると固くなるので注意

まな板の上にクッキングシートを敷いて、まとめた生地をのせ、

上からラップをのせて手のひらで平らにして、麺棒で平らにする、厚さは1cm ぐらい

ラップで包んで、冷蔵庫に入れる 2時間ぐらいそのまま

先ほど使ったクッキングシートをオーブンの天板に敷いておく

オーブンは180度に予熱しておく

まな板に新しいラップを敷いた上に冷蔵庫から出したクッキー生地をのせて、

上からラップをかけ、麺棒でのばす。厚さは5〜6mm ぐらい

型抜きで抜いて、天板に並べ、塩を全体に振りかけ、粉チーズも全体に振りかける

量はお好みで。

塩気が大丈夫な方は多めに。粉チーズも結構かけても大丈夫です。

ピリッと感が欲しければ、ブラックペッパーをかけてもOK

180度のオーブンで 14~15分ぐらい焼く。

これはオーブンによって変わってくるので、目安としてみてください。

焼き上がったら冷めるまで、天板にのせておく

私は撮影用にケーキクーラーに乗せましたが、アチアチするのでオススメしません。w

サックリして、塩っぱさとチーズのコクが良い感じです。

 

台湾黒糖カステラ レシピ

 

【台湾黒糖カステラのレシピ】
18cmの四角い焼き型

材料
小麦粉 100g
ギー(もしくは無塩バター)100g
卵黄 6個分
卵白 6個分
黒砂糖(奄美大島産) 80g
牛乳 100cc

 

作り方
18cmの四角い焼き型にオープンペーパーで中敷きを作る

オーブンレンジを170度に予熱しておく

小麦粉はふるいにかけておく

卵は、卵黄と卵白によける

卵白をハンドミキサーで泡立てる
卵白に黒砂糖を三回に分けて混ぜる
卵白はツノが立つまでしっかりと混ぜる

ギー(バター)と牛乳を小鍋に入れて牛乳を湯煎しながら温める
直火にかけないで、湯煎が良いです。
ギーが溶けるまで、ゆっくり温める

ギーが牛乳に溶けて2層になったら、ふるいにかけた小麦粉と混ぜる

牛乳、ギー、小麦粉を混ぜ合わせたら、卵黄をひとつずつ潰すようにして混ぜる

卵黄を全部小麦粉に混ぜたら、ボールを湯煎しながら混ぜる
この時、湯煎のお湯がボールに入らないように気をつける
湯煎すると生地が滑らかになります

良い感じに生地ができたら、メレンゲにした卵白をゴムべらですくって、生地にひとすくい分入れて混ぜる

よく混ざったら、もうひとすくい分と、メレンゲの半分ぐらいを生地に混ぜていく

半分ぐらい生地に混ぜたら、生地をメレンゲのボールに全部入れて、よく混ぜる

メレンゲと生地をよく混ぜる
よくよくよくよく よく混ぜ混ぜしたら
オーブンペーパーを敷いた型に生地を流し込む

型に生地を流し込んだら、気泡を取る

予熱しておいたオーブンレンジに入れる んですが
湯煎焼きします

湯煎焼きとは、オーブントレイにお湯を張り蒸し焼きにすること

なので、トレイにケーキ型を入れ、お湯が型に入らないように
2cmぐらいの高さまで、お湯を張ります。

お湯は80度位でok

170度で65分焼きます。

温度は、150〜170度と色々言われています。
うちのオーブンレンジでは、170度がベストでした。

でも、この温度のままで65分焼くとトップが焦げるので
40分ぐらい焼けたところで、カステラのトップをアルミホイルでおおいます。

アルミホイルのおおいをして、残り25分を焼きます。

で、出来上がります。

台湾カステラは、シフォンケーキっぽい感じです。

なので、メレンゲはしっかり角たてて下さい。
そうしないと、上手く膨らまず、下が固い残念なものになってしまいます。(何回か失敗しました

卵の匂いが気になる人は、バニラエッセンスやバニラオイル入れると良いと思いますが、私のレシピは黒砂糖を使っているので、卵臭はあんまり感じません。

フワフワの美味しいカステラ。
お家で作ってみてください。