商品と良品

 

昨日の記事の続き、今日も「モノ」の話しを書こうかと思います。

 

私はキッチンに使うふきんを無印良品で買っています。

 

無印良品の「落ち綿混ふきん 12枚組」というモノです。

12枚で 499円。

 

サイズは40センチ角、吸水性も良く、とても使いやすい品物です。

 

蒸し器の中蓋、パンを作るとき、ベンチタイムの時の濡れ布巾、ギーを作った時に仕上の漉す時にも使っています。

 

シミができたり、破れが出てきたら、台拭き用になります。

 

洗ってもシミなどが取れなくなったりしたら、クラフト作業の時の雑巾になり、役目を終えてくれます。

 

無印良品を知ったのは、19歳。

大学の一年生の時です。

 

私は、多摩美術大学のグラフィックデザイン科の学生でした。

 

クラスメイトと女性雑誌を見ていて、無印良品のことを知ったのだと思います。

 

あえて装飾を省き、ブランドを前面に出さないことで 良い品を安く提供。

 

「わけあって安い」という宣伝コピーだったかと思います。

 

絵を描くことやモノを作ることが大好きで、自分がデザインした商品を作る事への憧れもありました。

 

生成りの無地の布製バック、無地のTシャツ。

 

友人たちと「これ使って何か作ろうよ!」とワクワクしながら、青山のお店に買いに行きました。

 

でも、私たちが想像していたより、「安く」はなかったのです。

感覚としては、問屋さんに買いに行く 的な感じでした。

 

安価の素材に近いものを買って、それに加工してオリジナルを作る。

 

まぁ、商品製作は、いかに原価を抑えるかが一般的な考えだからです。

 

でも、無印良品の商品は、一般的な価格。

確かに、市場に出ている同じような商品と比べたら、少しは安いのですが、私たちが想像していた価格では無かったのです。

 

「なんか、普通の値段だよね。この値段なら、なんか勿体無くてコレに絵とか描けないね」

 

まぁ、当時はまだ10代。(ギリギリの10代ですが w)

 

お金もあまり持っていなかったし、美大は、課題製作にお金がかかるので、あまり無駄遣いができない。

 

結局、何も買わずに帰ってきました。

 

でも、その後、何故、無印の商品は「わけあって安いというコピーなのに安くないのか?」という話になりました。

そこで気がついたんです。

店舗の名前。

無印商品 では無く、無印「良品」であることに。

安く作るなら、原価を抑えればいいのです。

原価を抑えるのは、使う素材のランクを落とす。人件費を抑える等が考えられます。

良品 ということは、こだわりのある良いモノでなければならないわけで、

 

素材の質や製法を落したくない という意図もあるわけです。

 

素材や製法は落とさないけど、あえて過剰な装飾はしない。
パッケージもシンプル。

店舗も装飾などは最小限で、コンクリ打ちっぱなし。

なるほど… そういうことなのか…

モノを作る ということ。

ブランドとは何か。

コストをかけることとはどういうことなのか。

プロダクトデザインとマーケティングを具体的に理解したのも、この時でした。

大学の教室の中で、製作だけしていたら気がつかなかったことだったかもしれません。

無印良品、恐るべし。w

以来、無印良品のファンとなったワタクシでした。

器のはなし

 

外出したので、柏餅を買ってきました。

ヨモギ餅にこしあん。

お気に入りの備前の小皿に乗せて。

この備前焼の小皿は、東京の目黒区学芸大学に住んでいた頃、

近所にあった焼き物屋さんで一目惚れして、大きな片口風の鉢と中皿5枚と一緒に大人買いしたもの。

備前焼の若手陶芸家の作品でした。

当時の私は、20代後半。

最初の結婚に失敗して、人生一からやり直しと初めての一人暮らし。

色々なものを手放したので、これから手元に置くものは、本当に自分が気に入ったものを買おう、と決めたのでした。

でも、万単位で金額の食器を買うのは初めてで、

かなりドキドキしながら買ったのを憶えています。

あれから、30年近く経ちますが、あの時買った食器たちは、今も我が家の食卓で活躍してます。

食洗機や電子レンジには使えない、大事に使う食器。

ささやかな贅沢品ですが、大事な日用品でもあります。

片口風の鉢

口がついていますが、コレは飾り。

ズッシリと重量感のある中鉢です。

煮物とかを盛ってます。

縁の高い中皿 5枚

全体の大きさは、小皿より少し大きいぐらいですが、

縁の高さがあるので、アスパラなど長さのあるものも、

わざとマルッとそのまま焼いただけとかで乗せたりしてます。

 

 

銘々皿の小皿 5枚

大皿から、取り分ける用の小皿です。

平たくシンプルですが、土の質感が和食にも洋食にも合うお皿です。

 

 

友人のサロン用に糸かけ作りました

5月8日に熊本でアーユルヴェーダサロンを開く友人のたてまるさんにプレゼント用に糸かけ作りました。

 

うっかりして、完成品の写真を撮り忘れてしまい、たてまるさんが撮影したのを送ってもらいました。
彼女とは、私が学んだアーユルヴェーダスクール(幡井勉先生開設、東洋伝承医学研究所)の同期。

 

学んだのは、もう20年以上前で、私もまだ30代でした。

同期生の中に、もう一人仲の良い女性 かっちゃん がいました。

 

私たちは同じ歳で、住んでいたところも比較的近く、同じアーユルヴェーダを学んでいても、専門が違いました。

 

たてまるさんは、カパピッタの看護師さんで女性と子供の健康に活かしたい。

かっちゃんは、ヴァータピッタで表参道でエステサロンの経営者、女性の美と健康に活かしたい。

私は、ピッタカパで、広告とテレビドラマ製作の仕事をしていたので、人間の心理分析に活かしたい。

 

カパが強めのたてまるさんは、フンワリした印象。

ヴァータが強めのかっちゃんは、好奇心旺盛の社交家さん。

ピッタが強めの私は、姐御気質。

 

でも、3人ともピッタがあるので、負けず嫌いの研究熱心。w

 

当時は、まだアーユルヴェーダの専門書も少なく、認知度も低く

インドをイメージさせる某宗教団体が派手に活動していて、

ヨガ、瞑想、インド的な事をしていると「入信したの?」と風当たりも強かったことを思い出します。

 

そんな環境でしたが、よく3人で集まっては情報交換したり、施術をしあったりしていました。

 

大人になってからの友人とは、そんなに仲良くなれないものですが、頻繁に会ったりしたりするわけではないけれど、たてまるさんとかっちゃんは、大事なお友達。

 

学びあうことを共にすると、絆が生まれるのだなと思います。

 

 

今回製作した糸かけは、たてまるさんのパンチャマハーブータ(五大元素)をイメージして作りました。

 

 

第2チャクラの色のオレンジベース。

 

中央の白い部分は光(自我)、そこから広がり、触れることのできる肉体に。

 

糸の色は、たてまるさんの女性性と暖かさ、優しさ、大らかさ、柔らかさ、好奇心…

頑固なところ、おっちょこちょいなところ、しょんぼりしちゃうところ…
この世界を構成する、5つのエレメントと20のグナ。

 

人として生まれてきた奇跡。
そして、豊かな個性を持てたことの奇跡。

 

 

私と出会ってくれて ありがとう。

そんなことを考えながら、糸をかけていきました。