アーユルヴェーダの基本

アーユルヴェーダとはインドの伝承医学で、Ayur(生命)Veda(叡智)という2つの言葉が組み合わさった言葉です。生命の科学とも呼ばれています。
5000年以上も前から続いているといわれています。
医療、哲学などから、食事や日々の生活に役立つ知恵袋的な事まで、様々な「健康で幸せに生きていくための智恵」のことをいいます。

アーユルヴェーダでは、この宇宙に存在するものすべて、「空」「風」「火」「水」「地」の5つの元素でできているといわれています。

人間もこの5つの元素を全て持っています。
ですが、この5つの元素は均等に持っているわけではありません。みんな少しずつそのバランスが違います。

そして、この5つの元素は3つの生命エネルギーに分けらています。

 

風のエネルギー ヴァータ「空」・「風」
火のエネルギー ピッタ 「火」・「水」
水のエネルギー カパ  「水」・「地」

この3つの生命エネルギーの事を「ドーシャ」といいます。
ドーシャとは、増えやすいもの、不純なもの、と言う意味があります。

 

風のエネルギーは、「ヴァータ」といいます。
「空」と「風」の元素を持っていて、運動や循環など、「ものを動かす」運動のエネルギーです。

・特徴: 軽い、速い、動く、乾燥、冷たい、不規則な という質があります。
・精神的な特徴: 想像力豊か、自由な発想、恐がり、気まぐれ、おしゃべり
・身体的な特徴: 痩せている、手足が細く長い、肌や髪が乾燥気味

 

火のエネルギーは、「ピッタ」といいます。
「火」と「水」の元素を持っていて、消化や代謝など、「ものを燃やし、別のものに変える」変換のエネルギーです。

・特徴: 熱い、軽い、鋭く、酸っぱい、明るい、変化する という質があります
・精神的な特徴: 情熱的、野心的、強いリーダーシップ、知的、短気
・身体的な特徴: 痩せている、手足が細く長い、肌や髪が乾燥気味、目は小さめ

 

水のエネルギーは、「カパ」といいます。
「水」と「地」の元素を持っていて、消化や代謝など、「ものをまとめ、固めて安定させる」構成のエネルギーです。

・特徴: 重い、冷たい、遅い、油性の、粘々した、静かな という質があります。
・精神的な特徴: 穏やか、忍耐強い、愛情深い、のんびり屋、執着心が強い
・身体的な特徴: 背が高く全体的に大きい、色白肌のキメが細かい、髪の毛は多く太め、黒目がちで大きな瞳

 

全ての人はこの3つのエネルギーが体内に存在し、どの要素が遺伝的に優勢かで、ヴァータ体質ピッタ体質カパ体質に分類されます。
体型や考え方、行動パターンもドーシャの影響を受けています。

 

この3つの生命エネルギーは日常生活の中での些細なことで、バランスを崩します。
時間帯や季節、食べもの(味)からも影響を受けます。

自分のドーシャを知ることで、心と体のバランスを取る方法もわかります。

もっとアーユルヴェーダの事を知りたい方は、アーユルヴェーダ教室もご用意しています。

興味を持っていただけましたら、こちらのページをご参照ください。
よろしくお願いします。