優しい仏教哲学「菩提心と瞑想講座」

1

生きるとは?

 1

私たちは日々の生活の中、人間関係、仕事、生きがい、楽しみなど様々なシーンで 私たちが「幸せ」だと感じること、手に入れたいと思っていることを求めています。

1

自分の望む幸せに向かい、努力して 手に入れるですが、手にはいったと思った幸せは、

時間がたつと色あせ 「日常の変わらない単調なもの」 に変化してしまいます。

1

すると、 自分の幸せは足りない。

1

幸せになりたいと願っているのに毎日は単調で、思い通りにいかない。

苦しいことばかりで、良い方向に向かっていないと感じてしまうことがあります。

1

そして

「自分は何のために生まれてきたのか?」

「幸せっていったい何なんだろう?」

「どうせ上手くはいかない、たぶん後悔することばかりだろう」

1

そんな心の声が聞こえてきて

1

「では、変わることのない幸せ、自分が望む本当の幸せとは何なのか?」

そう考えるようになります。

1

これが、「本当の幸せ」「生きる意味」を願う気持ち菩提心です。

1 

「幸せ」と感じることは、人によって違います。

そして、それを手に入れたいと願う苦しみも人によって違います。

1

ひとりひとりに「幸せ」への「課題」があります。

「人身受け難し今すでに受く、仏法聞き難し今すでに聞く」

という言葉があります。

1

この言葉は、

「考える力を持つ」人として生まれ、仏教の教えに出会え、

仏の悟りを知る機会があるということです。

1

そして、菩提心(ぼだいしん)とは、仏の悟りを求める心のことです。

1

仏の悟りとは、「本当の幸せ」のことをいいます。

1

この講座では、本当の生きる目的、生きることの意味を考え、

自己課題を示し、気付きや感想を話し合い

自分と他人との関係とは何か、生きることの意味を考え、

思いやり、優しさという心、生きることの意味と目的を学びます。

1


1

講義・瞑想ワーク・シェアタイム

「聞く」「感じる」「話す」の3ステップで、より深く理解できます

1 


1

講義と瞑想後、受講生同士でのワークタイムがあります

自分の中で感じたこと、疑問に思ったこと

他の人の話を聞き、それは自分だったらどう感じるのか?

1

1

講義を重ねるごとに

「聞思修」が行われ、たくさんの気づきを受け取ることができるようになります。

1

考える力 共感力 質問力 が 自然に身につきます

1

「考える力・共感力・質問力」が身につくことは

家庭でも、職場でも、あなたの生活をより良くする大きな力となります。

1


 1

【受講生の声】

1

1

【受講の理由】

学生時代から「生きるとは何なのか」「何が幸せなのか」と考えており

自分なりに仏教を勉強したり、ヨガや哲学を本で学んでおりました。

1

しかしながら、いまひとつ、それらが何なのかは納得のいく答えは出ず、迷いは深まるばかり…。

時折、それらについて考えるものの仕事などに追われて、結局のところ、曖昧なまま日々を送っておりました。

1

そんななか「菩提心と瞑想」の講座が開催されることを知りました。

1

仏教を基礎から学ぶ、良い機会であり、

いま私が進むべき道が明確になるヒントがあるのではないかと直感的に思い、

受講することを決意しました。

1

************

1

【受講して良かったこと】

その直感は間違っていなかったようで

「物の見方、考え方」に変化が生まれる学び・実践の数々であり、

世間や仕事、人間関係など、日常における様々な物事に対する考え方、

受け止め方、見方の幅が広がり、

1

自分がこの先をどう生きていくかを思案していくひとつの「羅針盤」を得たように思います。

1

また、「幸せ」「慈悲」など、聞こえがよいわりに

今一つ社会の中でその意味が明確になっていない言葉の意味、

その裏にあるもの、苦しみの根本の原因について、

仏教ではどう分析しているかを学びことできたことも非常に有益でした。

1

 普段、意識することのない 「私たちの認知の癖」についての指摘や分析も数多くあり、  

私たちが普段、当たり前に思っていること、

考えていることを見直していくきっかけにもなりましたし、

「問う」ことの重要性を学べたことも嬉しく、非常にありがたかったです。

1

************

1

【受講後の変化】

むしろ受講後こそが本番なのかもしれません(笑)

今まで「好き嫌い」で人や物事を区別をし、嫌なことが来ると必要以上に身構え、葛藤し、

一人で勝手に消耗していたように思います。

1

しかし、受講後からは、その「嫌い」「好き」などの見方がすこし変わり、

以前より物事をフラットな気持ちで見て、行動できるようになり、気持ちが楽になりました!  

1

自分にとって「苦しい」と思えることがあっても、

ある種の好奇心や意味合いをもって、向き合おうとしていける、

そんな心が養えたことが私にとっての大きな宝物です。

1


1

1

【受講の理由】

2018年頃に「マインドフルネス」と関わる様になり、

その中で果たして「マインドフルネス」とは何かと考え始めました。

マインドフルネスとは何かの答えを求め、2000年頃から一旦自分一人になって

色々な各宗教や哲学、 心理学などの書物を読んだり考えて行く中、

どうやら「仏教」にその答えがありそうだと辿り着きました。

1

 でも「仏教」を学ぶには、ではどうすれば良いのかと思っていたところ、

今回の「菩提心と瞑想講座」の募集の告知を目にして、これだと思い、すぐに受講を決意しました。

さらに受講しようと思ったきっかけは、

Facebookでフォローしていた 高野山真言宗の東賢性僧侶の講座開始の投稿を見て、

僧侶として信頼していた東僧侶が講師をされるなら、 直接仏教について講伝を受けたいと思いました。

講座の内容も全12回の一年間の通年を通じた講座なので、

単発だけの講座ではなくしっかりと仏教について学べる内容であるところも受講するきっかけになりました。

1

************

 

【受講後の変化】

受講前は仏教についてほとんど知らずに一般的なイメージしか持っていませんでしたが、

一年間の「菩提心と瞑想講座」を受講した感想としては、

「菩提心」こそが仏教の本質の教えであると知りました。

1

講義では東僧侶が高野山真言宗以外にも学ばれたチベット仏教のテキストを元に

「菩提心」について講伝を受けますが、それも受動的な受け身の授業ではなく、

常に東僧侶から問われること=「問答」を通じて内省的な瞑想を行って「自分の頭で考えること」を行い、

学び考えることをします。  

1

仏教の学び方として「聞・思・修」がありますが、この講座でも、

教えを正しく聴いて(聞)、自分で正しく考えて(思)、実際の行動を通じて仏教の教えを学ぶ(修)の

プロセスに添って仏教の一番核となる教えの「菩提心」を学びます。  

1

私もこの一年間の「菩提心と瞑想講座」を聞・思・修のプロセスを通じて学ぶことによって、

現実の自分の仕事の現場で出会う人達に対しても、

トラブルに遭ったとしてもこの場合「菩提心」の考えなら、

どの様な行動や言葉を使えば良いかと考えられる様に変わってきました。

1

 それらの心理的な変化と行動変容を通じて、以前なら感情的に対応していたであろうことも、

仏教の菩提心の立場から考えることによって、

対人関係でのトラブルも 少しずつ良い感じで解決できるように変わってきたのが、

大きな学びだと感じています。

1

************

1

【受講して良かったこと】

一年間の受講を通じて少しずつですが、

物事を正しく観て、正しく考えようとする良いクセが着いてきたのが受講して一番良かったと感じております。

また他者を慈しんで一切の衆生を救おうと思い、その為に仏陀の境地を目指そうと発心するのが「菩提心」と知り、

そのための深い学びをこの講座を通じて学べたことが受講して本当に良かったと感じました。

 

わたくし自身はまた来期の2期目も継続して学んで一年間のみならず、

更に二年目も直接仏教の菩提心を東僧侶から学び(聞)、自らの頭で考え(思)、 そしてその貴重な菩提心の教えを、

自分の携われる狭い範囲でしかありませんが、 その私と携わる人達皆に仏教の菩提心を持って接して行く、

「修」を行って行きたいと思います。  

 

また来期の2期目も受講したい講座です。 受講させて頂きましてありがとうございました。

11


1

【受講の理由】

カウンセリング・コーチングという心理面のサポートや目標達成への伴走という仕事柄

人の悩みや苦しみに直面する機会が多くあります。

1

また、自分自身も鬱病を経験したことがあるので  

「なぜ悩みや苦しみが生まれるのか」

「人は何のために生きているのか」

「幸せとは何なのだろうか?」については

1

心理の学びや自身の内観という取り組みをかなり行ってきて、

ある程度自分なりの答えを持つようになりました。

1

そんなときにこの講座の開催を知りました。

1

今までほぼ触れたことがない仏教哲学を学ぶことで、私の経験やそこから得た自分なりの考えに 更に奥行を持たせ、

クライアント様に貢献できるのではないかと思い受講を決めました。

1

また僧侶の方から直接学ぶことができるのも大きな魅力でした。

1

************

 

【受講後の変化】

人や出来事を捉えるときの指針のようなものが新たに加わったような感じです。

これまでの人生で自分が作り上げてきた価値観や思考のパターンを超えて

より広く大きな視座でものごとを見られそうです。

1

それによって今までとは違う選択をしたり 今までなら受け入れていなかったことを受け入れられたり

 自分を囲っていた枠がとれて、自分の世界が広がっていく可能性を感じています。

1

 人間関係においても、構や力みがとれて スムーズでオープンであることができるようになってきました。

1

************

1

【受講して良かったこと】

仏教について全く知識がなかったため、東先生のお話を難しいと感じることもありました。

そのぶん、最初から最後までお話を聞くことに集中し

ひたすら自分の頭で考え続ける時間を持つことができたのがとても良かったです。

1

単に知識を得るだけでは手に入らないものがありました。

1

瞑想することで、テーマについて何度も何度も思いを巡らせて自分なりの答えをだし それについての問答で、

さらに深めて、本当の自分の体験にしていく過程は 磨き続けた原石が輝きを放ち始めるようで

取り組みがいのあるものでした。

1

安易な正解探し、近道反応ではなく じっくりと本質をみて、

本質に基づいた思考や行動をしようとする 姿勢が身についてきたのは、

これからの人生のあらゆる場面で力になってくれると確信しています。

1

忙しい日常生活の中ではなかなか身に着けられるものではないので

この講座を受講して本当に良かったです。


【受講の理由】

子供の頃から、宗教をしているいわゆる信者と言われる方々が、私には幸せそうに見えませんでした。

僻み・妬み・嫉み、そしていがみ合い。挙句の果てには、家族が金銭面で騙されそうになったり、

若しくは、人様の為!と言いながら、実際は、自分のための功徳、徳を積むのが目的になっていたり・・・

 

宗教とは? そもそも仏教・仏法とは? 

 

なぜ人がいがみ合うのか疑問でなりませんでした。

もう私は宗教には関わりたくないし、むしろ関わらない方が幸せだと感じていました。

しかし、数年前からyogaを始め、yogaと仏教は関連があるとヨガインストラクターから伺い、

仏教か・・・と思うと同時に、瞑想を知り、マインドフルネスというのがあることを教えてもらい、

簡単にどこでもできる瞑想を、仏教とは切り離して行うようになっていました。

そのような中、ご縁で東先生から仏教について伺う機会が増え、仏教はとても難しいと感じていたので、

受講することで理解が深められ、瞑想もきちんと教わることのできる素晴らしい機会だと思い受講いたしました。

1

************

 

【受講後の変化】

経験上、フラットに物事をみようとしたり、白黒はっきりさせるのでは無く、

どちらでもいいというグレーな考え方をしていましたが、

平等、中立の大切さについて思慮深くなり、辛い・むかつく! どうして? と、

浅いところで止まっていた・止めていたことが、受け入れられるようになり

自分が苦労したことや経験は、辛ければ辛いほど、いつかは人の助けになると考えられるようになり、

精神的に楽になりました。

また、不思議なことに毎月のテーマに沿ったような現象が起き、辛い経験や考えざるを得ない場面になり、

自分の気持ちやどういうことなのか、どうすればよかったのか、その場その場で起きたことへの意味を

その場だけで済ませず、深く考えるようになりました。

1

************

1

【受講して良かったこと】

仏陀の教えや巷の瞑想について、大きな間違いや勘違いがあるということを知り、驚きました。

仏教とは? どうして瞑想には菩提心が必要で、慈悲の瞑想の本来の意味とは?

人が持っている優しさやちょっとした気遣い、気づき、配慮・・・

当たり前のようで当たり前ではないから、教えになるんだと理解できました。

まだまだ理解できてないこともありますが、自分の経験や様々な出来事の中で、

何となくこんな感じ~とボンヤリしていたところから、きちんと伝受くださって確信に変わり、

今後はどれだけ日常生活で生かしていくかだと思います。

実践のためには、まだまだ理解できていない部分もあるので、引き続き学べたらと思っております。

 


第2期 2022年 5月スタート 講習日

全12回講習内容開催日(2022)
第1回目菩提心とは5月21日(土)
第2回目平等心とは6月25日(土)
第3回目すべての生命が自分の母親であることを認識するとは7月23日(土)
第4回目優しさを思い出すための普通の方法と特別な方法とは8月20日(土)
第5回目恩に報いたいという願いとは9月17日(土)
第6回目自己と他者との間に存在する平等とは10月15日(土)
第7回目自己執着に起因する様々な欠点とは11月19日(土)
第8回目他者を大切にすることから生じる多様な善良な資質とは12月24日(土)
第9回目自分の思いやりを高めるための可視化とは2023年 1月調整中
第10回目慈悲の二つの側面と、その可視化とは2023年 2月調整中
第11回目利他心の生起とは(生起とは心に生じる様々な現象)2023年 3月調整中
第12回目仏陀の境地を達成するための誓願を起こすとは2023年 4月調整中


【講習時間・講習費】

全12回 土曜日開催 13時~17時 (途中休憩あり)

講習時間 4時間

1

講習費:講習費は、1回ずつの都度払い、一括払いとがお選びいただけます。

都度払い1回:9,900円(税込)

全12回一括払い:118,800円(税込)  

1

講習動画視聴付:1回 13,200円(税込) 全12回一括払い 158,400円(税込)

※講習動画は、1講習 20日間 視聴できます。

講習日に参加が難しい方は、こちらの動画視聴付コースをお選び下さい。

講習動画視聴後、オンラインで1時間のサポートワークを個別で行います。(コブラピクチャーズの越智が行います)

サポートワーク後、ワークシートの作成提出をして頂きます。

 

講習費のお支払いはPayPal対応も可能です。
その場合は、クレジット決算の手数料が加算されます。

予めご了承ください。

 

【PayPalご利用】

都度払いの場合
リアル参加 1回:10,600円
動画視聴付 1回:14,200円

 

12回一括払いの場合 
リアル参加コース paypal ご利用の場合 124,200円
動画視聴付コース paypal ご利用の場合 165,500円  となります。

1

1

ZOOMでの参加も可能です。

全12回の講習を全て終了し、終了後レポート提出を完了した方には「菩提心と瞑想講座」の修了書を発行致します。

修了書のある方には、上級講座「菩提心瞑想・上級」講座の受講資格ができます。

菩提心瞑想・上級講座を修了した方は、瞑想クラスを開催できます。

1

受講生の方には、Facebookのグループページにて、

講習のお知らせ、質問、講習内容のアウトプット、オススメ書籍のご案内などのサポートがあります。 1

1

1

会場: 東京都中野区 プチブレストスタジオ

最寄り駅は、東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩3分

1


 

お申し込みの方は下記の内容をご記入の上、メールフォームよりお申し込み下さい。

●希望講座名

●お名前(ふりがな)

●メールアドレス(携帯メールの場合は、PCからのメールが受け取れる設定にしておいてください)

●ご住所(郵便番号)

●連絡先(携帯番号)

●対面式講習 又は ZOOM講習(希望する方)

●講習費支払い方法 一括 または 都度払い

1


【ご注意】

講習費は前払い制です。

お申し込みの確認メールが届いてから、1週間以内にご入金手続きをお願い致します。

講習の途中回からの参加はお受けできません。

1回目から順次お受けいただくこととなります。

受講者の方のご都合で、途中退会される場合は講習費の返金はできません。

講習当日、お客様の都合でお休みされる場合は、講習費の返金はできません。  

1

お申し込み後、こちらから送られるメールが 「迷惑メールフォルダ」 に入っている場合があります。
 
3日経っても確認メールが届かない場合は、「迷惑メールフォルダ」をご確認お願い致します。
 
よろしくお願いいたします。
 
 

ご質問などありましたら、メールフォームより、お気軽にお問い合わせください。

 


1

【講師紹介】

1

東 賢性(あづま けんしょう)

高野山真言宗僧侶

高野山真言宗大分宗務支所下 向蔵坊徒弟

東京ボンズくらぶ代表

文学修士(密教学) 教員免許(宗教) 高野山検定2級 1

1

現在、知的障害児放課後デイサービス勤務

児童発達支援管理責任者、相談支援専門員、社会福祉主事 児童指導員 1

1

15歳で高野山高校に入学し出家

師匠の寺院にて中院流院家相承四度加行成満

高野山大学文学部密教学科卒業

高野山大学大学院文学研究科修士課程密教学専攻修了

1

大学院修了の年、高野山光臺院道場にて稲葉義猛大僧正より中院流院家相承による伝法灌頂入壇

その後、真言密教の諸流の受法・一流伝授に連なり、またチベット仏教の諸師に仏法を受法し学ぶことは現在も続く

1

大学院修了後、JAS日本エアシステム株式会社 関西空港勤務、

その後私立横浜清風高等学校 仏教科専任教諭として約10年勤務し子供達に仏教を教え

都内真言宗寺院に8年勤務するも、難病を発症し治療に専念するために退山。

1

難病と共に生きながら難病がキッカケで「僧侶として具体的な支援の道を歩みたい」と言う思いから、

これまでの経験を生かして知的障害児童の自立支援・療育支援の専門職として、

また僧侶として仏法の観点や方法にて、支援全般の計画やカウンセリング、具体的な支援活動をしている。

1


1

【講習サポート担当】

1

越智 紫(おちゆかり)

アーユルヴェーダ心理学ティチャー

ヒプノセラピスト

株式会社コブラピクチャーズ代表

1

祖母から仏教の問答の指導を5歳から14歳まで、毎日受け、

仏教哲学と心理学を実践研究して53年

1

1999年に アーユルヴェーダと出会い、

東洋伝承医学研究所(現 日本アーユルヴェーダスクール)にてアーユルヴェーダを学ぶ

1

10年間で、約5,000人の臨床データを取り、

日本人の心と体、行動心理を哲学と心理学の面から研究

1

「考える力」を養うための講座を企画開催

1

アーユルヴェーダ心理学講座

仏教哲学講座等を開催中

1

無料で聴けるネットラジオ ポッドキャスト にて

「私とあなたの心を科学するアーユルヴェーダ心理学」を配信中

リスナー数は 約 2万人

放送はこちら

https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1462736515