ヴァータを落ち着かせる耳のマッサージ

まだまだ暑い日が続きますが、朝夕は少し涼しくなって、虫の声も聞こえてます。

だいぶ秋めいてきましたね。

でも、秋は台風シーズン。

台風は、自然環境にも大きな影響を与えますが、体と心にも不調を起こさせます。

 

ポッドキャストの中でもお話していますが、強い風が吹くと、ヴァータが乱されます。

 

ヴァータは運動のエネルギー。
ものを動かす、感じる、ということをコントロールしています。

 

ヴァータ、ピッタ、カパの3つのドーシャの中で、一番敏感です。

強い風が吹く、大きな音、細かい振動、寒さなどに反応します。

好奇心が旺盛なので、ワクワクすることやドキドキすることが好きなんですが、そういう状況下にいるとすぐに疲れてしまいます。

ヴァータの力が弱まると、ピッタもカパもバランスを崩してしまいます。

 

そして、カパが乱れると、水の代謝が悪くなり、体が重たくなり思考力も低下します。
ピッタが乱れると、なにかに急かされているような感じがして、イライラしやすくなり怒りっぽくなります。
台風の時は、強い風が吹き、今の時期は暑さがあるので、湿度も高くなります。

強い風の力でヴァータが乱れ、湿度の高さは、カパとピッタを乱します。

 

気持ちのざわつきを押さえて、3つのドーシャを整えるのに一番簡単な方法は、オイルケアです。

 

さて、今回の大型台風。

気圧の変化と雨風で、ドーシャが大きく乱れてしまっている方多いかともいます。
ドーシャっていうのは、体質の事です。 

ドーシャは3つあって、

・ヴァータ 風のエネルギー

・ピッタ  火のエネルギー

・カパ  水のエネルギー

この3つです。 

 

気圧の変化、寒暖差、激しい風、大量の雨。

これらは、体の不調を起こさせます。

気圧の変化と風は、ヴァータを乱し、耳鳴りや頭痛、精神的な不安定感を起こさせます。

寒暖差、大量の雨は、カパを乱し、体のだるさ、関節や体のむくみなどを起こさせます。

 

そして、ヴァータが乱れるとピッタの火のエネルギーも乱され、イライラしたり気持ちが落ち着かない状態になりやすくなります。 

 

では、こんな時はどのようなケアが良いのか。 

それは、ヴァータのエネルギーを落ち着かせること。

ヴァータは3つのドーシャの中で、一番影響力が強いのです。 

そして、一番乱れやすい。 

 

やり方は、耳のマッサージ。

 

オイルをつけて行うのが良いのですが、オイル無しのドライマッサージでもOK。 

 

【耳のマッサージのやり方】

・耳のへりの部分を指でつまんで、円を描くようにマッサージ

・耳だぶをつかんで、もんだり、下に引っ張る

・指をチョキの形にして、耳をはさむようにして、上下に動かす 

 

 

 

この他にも、オイルを使った耳のケアで【耳ピチュ】 というのがあります。 

 

耳ピチュは耳のオイル湿布のことです。

コットンにオイルを染み込ませて、軽く絞って、耳の穴に入れます。

5~10分位そのまま放置。

これだけです。 

 

ヴァータを落ち着かせるケアは、この他にも色々ありますが、一番簡単なのは、耳のマッサージです。 

お試しあれ。

 

もっと詳しく知りたい方は、アーユルヴェーダ入門講座で、ドーシャの特徴を詳しく解説してるので、ご参加ください。
アーユルヴェーダ入門講座の詳細はこちらから~~

https://peraichi.com/landing_pages/view/ayurveda01 

 

ギーの作り方&使い方教室

 

アーユルヴェーダでは、体に一番良い最高のオイル といわれているのが ギー(ghee)です。

これはバターを生成して作ったオイルです。
ギーは、食用はもちろん、体のケアにも使えます。

私は、アーユルヴェーダを学んだ20年前から、バターはギーにしてから使っています。

この最高のオイルとされているギーの作り方と使い方、また、ギーを使ったお料理のレシピを教える教室を開催します。

日時:3月29日(日) 10時〜14時(途中ランチ休憩あり)

参加費:8,000円(ランチ&作ったギー付き)

会場:プチブレストスタジオ
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩 3分

持ち物:筆記用具、好奇心

参加ご希望の方は、こちらのメールフォームに
https://www.cobra-pic.jp/gattonero/workshop_entry/

3月29日 ギー教室参加 と書いてお申し込み下さい。

タコスとサルサソースとピッタの話

2月のボードゲームではメキシコ料理を出そうと思っているので、久しぶりにタコスを作りました。

タコスを作るトルティーヤプレス持ってるんです。

3〜4年前にタコス作るのにハマり、最初は食材店で売っているトルティーヤを買っていたんですが、まぁまぁ良い値段だし、一度袋を開けちゃっても一人では食べきれないし(夫はタコスとかあんまり食べない)、固くなっちゃうし…

あ。それなら自分で食べる分だけ作れば良いんだ!

と、いう感じで、やっすいアルミ製のを買ったのでした。

でも、あまりにも作るのが久しぶり過ぎて、少々オタオタしました。
というのも。このプレス機は、やっすいアルミ製。
なので、そのまま使うと打ち粉しても生地がくっつくのです。
え? なんで? 前は上手くいったのに…
と、プレス機と格闘すること数分…
あ! そーだ! クッキングシート使わないと上手くいかないんだったー!
思い出しました。えぇ。
そう、こいつはやっすいので、クッキングシートにはさんでプレスしないとダメだったんでした。
で、使ったら上手くいき、フライパンで焼き焼き。
今回はトウモロコシ粉と米粉で作ってみました。
米粉を混ぜて作るのは、初めてでした。

味は、まぁ、これはこれで…

なんですが、焼きたては良い感じなんですが、少し冷めると生地の固さが少し気になるかなぁ。

まぁ、これは、トウモロコシ粉100%でも、小麦粉混ぜても、冷めると水分が抜けてトルティーヤは固くなっちゃうんですけどね。
もう少し水分量と粉の分量の微調整が必要かな。
で、サルサソースに使ったタマネギが辛かった!
 
久々にツーンと来る鋭い辛味。
アーユルヴェーダでは、生タマネギとトマトはピッタを上げる食材。
 
理由は辛味と酸味です。
生タマネギの辛味、トマトの酸味は熱を上げると言われています。
 
 
しかもサルサの材料は、これに塩、レモン汁だから、ピッタ上がる。
 
あ、でも、レモン汁の代わりにライム汁なら、そんなにピッタは上がりません。
メキシコでのレシピは、ライム使うのが主流なのは、味のこともあるとは思いますがそういう意味合いもあるんだと思います。
味覚もドーシャに大きな影響を与えます。
アーユルヴェーダでは、甘味、塩味、辛味。酸味、苦味、渋味の6つの味が、ヴァータ、ピッタ、カパのそれぞれに影響を与えます。
食事は、栄養を取る ということも大事ですが、ドーシャを整えるということも大切です。
このドーシャを整えるということに、この6つの味をどのように使っていくか。
どの食材にどういう効果(体を冷やすとか)があるのか、を知って使うとのも大切です。
量もですが、毎日食べるもののことを少しでも理解して作れば、これはピッタ上げちゃうけど、これを使えば調整できるという風にできるわけです。
で、少し宣伝。

アーユルヴェーダ基礎講座が、4月から、またリニューアルして再開します。

昨年一度リニューアルしたんですが、もう少し内容を変えてみました。

そして、7月からは、アーユルヴェーダ心理学ティーチャーコースも開講します。
アーユルヴェーダをもっと身近に、そして専門的に使える講座です。
講座内容は2月中にお知らせの予定です。
お楽しみに〜

ストレスと老化

昨日、最近SNSで流行の顔変化アプリで遊んでみました。

それは、顔写真を幼顔や歳を取った顔、異性バージョン、髭、髪色変化とか、色々遊べるものです。

私は、老け顔、男性になったら、お化粧したら と、同じ写真を3つ変化させてみました。


その写真がこちら。

左が今の私ね。現在、55歳。これはなんの加工もしてない写真です。

そして、右のが、老人加工した画像。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップした顔アプリの写真見て、ハッと思いました。

 
歳取った加工した顔が、リアル亡くなった母方の婆ちゃんとソックリだったんだけど、
 
お婆ちゃん、亡くなった年齢が 57歳。w
今の私の年齢と、さほど変わらないんですよ。
なのに、彼女はこのぐらい老け顔だったんです。
 
 
実母も享年が60歳で、あそこまででは無いけど、それなりに老け顔でした。

祖母も母も、比較的若い年で亡くなりました。

彼女達に共通していたことは、大きなストレスを抱えていたこと。

人って、ストレスの多い生活していると、老化も早い。

根本的な心の奥の「不安」から逃げたいから、喫煙や飲酒が習慣化する。

適度なら、体に害も無いけど、ストレスが多いと摂る量も多くなるし、やめられなくなる。

すると、免疫力も落ちるし、活性酸素も増えて体にダメージを与える。

祖母は心筋梗塞で、亡くなり、母は食道癌でした。

祖母と母は、二人ともヘビースモーカーで、お酒も結構飲んでいました。

そして、二人とも「パートナー」と呼べる人がいなかった。

祖母は、母が幼い頃にちょっとショッキングな事件がきっかけで離婚し、その後ずっと独身でした。

母は、弟が生まれてすぐぐらいに、父が愛人を作り、離婚はしなかったものの、25年位、孤独と怒りを内在した生活を送っていました。

金銭的な不安。
助けてもらえないという不安。

でも、一番大きな「不安」は

「愛されていない、私はひとりぼっちなんだ」

という恐怖だったんじゃないかと思います。

彼女達はその恐怖をごまかすために、飲酒し、喫煙し、ギャンブルに興じたり、宗教をより所としたりしていましたが、根本的な解決にはつながりませんでした。

表面的には「大丈夫! 楽しくやってるし!」

みたいな感じでしたが、全然大丈夫なんかじゃ無かったんです。

孤独という恐怖は、人を迷路に追い込みます。

そして、ストレスという心が乱れ「飢えて乾いた」状態を作ります。

飢え、乾いた状態なら、それを何かで満たしたいと思う。

本来は、「愛されることで安心したい」ということをして欲しいのに、それがうまくいかないと代替として何かを得ますが、それは、どんなに沢山あっても、

代替は、代替でしか無い。

本当に欲しいものではないのです。

そして、この欲しくも無いものを摂っている状態は、アーユルヴェーダでは、「正しい知性が働いていない状態」と言います。

正しく考えることができない状態です。

そして、このことは、あまり良くないカルマも作ります。

カルマは、良いことをしても、良くないことをしてもできます。

カルマとは、行った事による結果だからです。

良い行いをすれば、良い結果が返ってきますし、そうで無い場合は、望んでいないような結果が返ってきます。

私は、もうすぐ、祖母や母が亡くなった年齢になります。

でも、私と彼女達との大きな違いは

「孤独ではない」ということです。

ストレスは沢山あります。

仕事のこと

お金のこと

人間関係のこと

 

無いわけはないのです。

でも、私は何かに大きな依存をしなくてはならないほどの「孤独」を抱えていません。
まぁ、夫に先立たれたら、孤独に負けて生きていけないと思いますが、

まだ夫も元気なので、しばらくは大丈夫。w
それに、友人や仲間もいます。

心のつながる距離はそれそれですが、みんな良いバランスでの関係を作れています。

 

全てが思い通りはいかなくても

 

バランスをとれる状態を作ることはできるのです。

孤独というストレスをため込まないこと

 

これは、心と体の健康にとても大きな影響を与えます。

 

あなたは今、どうですか?

自分の中のストレスの原因は何か、自分と向き合う時間。

内観する時間も取ってみて下さいね。

 


アーユルヴェーダを学んでみたい方はこちらから!

・アーユルヴェーダ体質判断お茶会

自分の体質を知る体質判断チェックを行い、ドーシャの説明やドーシャ別の行動パターンなども紹介してます。

https://peraichi.com/landing_pages/view/2019-3-ocyakai

 

・アーユルヴェーダ心理学 講習

じっくり、アーユルヴェーダの基礎から、心理学まで学びたい方はこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/ayu-basic

 

自分と向き合う「内観ワークショップ」10月開催予定
お知らせを受け取りたい方は、アーユルヴェーダ専用LINE@に登録して下さい。

 

イベント、講習、お知らせなどの情報発信しています。

登録して頂いた方には

・自分でできる体質判断テスト表(ドーシャチェックシート)
・体質早わかりBook(PDF)

プレゼントしています。

登録はこちらから!

友だち追加

うまく表示されない方は、

@agr8195y で登録して下さい。

よろしくお願いします。

「いただきます」の気持ち

0
Ocean Lemon(オーシャンレモン) さんからフルオーガニックのレモン届きました!
 
いつもサイトに上がると、瞬殺で売り切れる皮まで全部安心して食べられるレモン。
しかも、痛みにくいという、エネルギーの高いレモンです。
 
今回は大玉!
4個なので、1個 約1000円!
 
そう。値段だけ聞いたら、高いですよね。
 
でも、農薬も肥料も使わない、完全自然栽培。
 
現代社会の中で、販売用の食品としてこんな状態で作られているものがどの位あるでしょう。
 
栽培することだって大変なのに、商品として流通させることは、もっと大変です。
0
0
 
私も、最初は「高っ」って思いましたが、実際に頂いてみたら
もう、このレモンの大ファンになりました。
0
0
冷蔵庫の中で、1ヶ月置いといても、しなびないし傷まないんですよ。
 
なんて強い力なんでしょう。
0
00
  0
微発酵のレモン水、ハチミツレモンなどにしていただいています。
 
微発酵のレモン水で使ったあとは、ジャムなどにしています。
 
捨てるところが無い、まるごと頂けるありがたさ。
 
このレモンを購入してから、野菜や肉など、食材となっているすべてのものに、
 
命をありがとう、いただきますを、改めて強く感じます。
0
0
 
傷ませないで、ちゃんと使い切らないと申し訳無い
 
当たり前のことなんですが、日々の食事にいつの間にか、食べている全てが、生き物で、
それが私に生きる力をくれているってことを忘れてしまっていることがあります。
0

私たちは、生きていくために何かを食べなければ生きていくことができません。
0
0
長期の断食なども可能な人達もいますが、一般の人達は、飲み食いせずに生きていくということは、難しいことです。
0
0
アーユルヴェーダでは、食べ物が身体の構成要素を作る過程のことを
0
0
0

【ダートゥの変換】と言います。これは、7段階あります。

0

食べ物を食べると、消化され、身体に吸収されると

0

最初に ラサ(血漿) という状態になります。
そして、この ラサの一部が、ラクタ(血液)になり、
ラクタの一部が、マンサ(筋肉)になり、
マンサの一部が、メーダ(脂肪)になり、
メーダの一部が、アスティ(骨)になり、
アスティの一部が、マッジャー(骨髄・神経組織)になり、
マッジャーの一部が、シュクラ(精液、生殖器)となり、次の命の元になります。

0
0
0
食べること これが 生きるということです。
0
0
生きていること。
健康に生きていること。
0

0

健康って、自分の自由意志で、身体を動かし、ものを考え、何かに意欲を燃やし、満足する行動ができる ということだと思います。

当たり前のこと。

0
0
うっかり見逃してしまっていること

私たちの身体、健康で好きなことができ、ものを考えることができるのは

何かの命をもらっているからなんですよね。
0
0
0

この力強いレモンに、私は、そんな当たり前のことをうっかり見過ごしてきてしまったなと思わされました。

それ以来、食材と呼ばれるものを無駄にしないようにしよう、と改めて思いました。
肉でも、野菜でも、粉になった小麦粉でも
それは確実に 生きていました。
0
0

今日も健康でいられるのは、こうした命をいただいている結果です。

ありがとうございます。

0

0

そして、大切に いただきます。

0

0

0

オーシャンレモン さんのサイトはこちら
https://oceanlemon.thebase.in

オーシャンレモンさんのFacebook
https://www.facebook.com/organic.lemon.odawara/

ポッドキャスト 6回目アップしました

 

ポッドキャスト、6回目の放送アップしました。

今回からシーン別のドーシャの行動や考え方についてお話しています。

第6回目は、ドーシャ別の恋愛観。

ヴァータタイプの「好き」という感覚についてお話しています。

ダブルドーシャのヴァータ・ピッタとヴァータ・カパの場合についても少し解説しています。

 

詳しい内容はポッドキャストでお話していますので、聞いて下さいね。

下記よりお聴き下さい。
番組登録(購読をクリック。購読って書いてあるだけど、無料です)もお願いします。

 

 

ポッドキャストアプリ
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1462736515

 

 

 

 

 

Androidの方にはGoogleポッドキャストから。

Googleポッドキャスト
https://www.google.com/podcasts…

 

次回は、ピッタの恋愛観についてのお話です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 


アーユルヴェーダを学んでみたい方はこちらから!

・アーユルヴェーダ体質判断お茶会

自分の体質を知る体質判断チェックを行い、ドーシャの説明やドーシャ別の行動パターンなども紹介してます。

https://peraichi.com/landing_pages/view/2019-3-ocyakai

 

・アーユルヴェーダ心理学 講習

じっくり、アーユルヴェーダの基礎から、心理学まで学びたい方はこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/ayu-basic

ゴマ油のキュアリング

アーユルヴェーダのケアで、よく使われるのがゴマ油。
でも、煎った胡麻から抽出される茶色いゴマ油では無く、無色の太白ゴマ油。

ゴマ油は、温性という質があるので、ヴァータとカパ体質の人の方向けと言われています。

 

使い方は、まずは キュアリング という熱処理をします。

熱処理をすると、ゴマ油に含まれる抗酸化力が上がり、少しサラッとした状態になり、扱いやすくなります。

 

やり方は、油を鍋の中に入れて温めるだけ。

油の温度を測る、油温計を用意しましょう。

 

1:太白ゴマ油を小ぶりの鍋に入れる

 

2:弱火で加熱する

 

3:90℃程度になったら加熱をやめる

油は加熱すると急激に温度が上がります。火を止めた後でも温度は上がります。

加熱後 2~3分でこの位になります。

100~110℃ぐらいまでなるのが良いので火を止めた後の余熱で上げて下さい。

160℃以上に加熱しすぎはNGです。

 

4:完全に冷めたら、保存瓶に移し替えて冷暗所で保存

2~3ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

 

 

キュアリングしたゴマ油は、マッサージオイルとしても使えますし、油うがい、鼻のケア等にも使います。

オイルを使ったお手軽なケア方法は、また別の記事でアップしますね。

 


アーユルヴェーダを学んでみたい方はこちらから!

・アーユルヴェーダ体質判断お茶会

自分の体質を知る体質判断チェックを行い、ドーシャの説明やドーシャ別の行動パターンなども紹介してます。

https://peraichi.com/landing_pages/view/2019-3-ocyakai

 

・アーユルヴェーダ心理学 講習

じっくり、アーユルヴェーダの基礎から、心理学まで学びたい方はこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/ayu-basic

ポッドキャスト 第4回目更新しました!

5月の連休明けから放送が始まったポッドキャスト。

4回目の放送アップしました。
なんとか、続いてます〜〜w

今回は、ヴァータ、ピッタ、カパ 3つのドーシャの カパの話です。

 

カパの特徴と思考や行動パターンを話しています。

https://ayurveda.koelab.net

 

 

ポッドキャストは、iphone や ipad なら podcastアプリでお聞きいただけます。

 

 

アンドロイドなど、ポッドキャスト や iTunes に つながらない、聞けないという方は、

こちらのアプリをダウンロードして下さい。

ポッドキャストラジオの音楽 – Castbox

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.podcast.podcasts&hl=ja

 

 

私とあなたの心を科学するアーユルヴェーダ心理学 か、

アーユルヴェーダ で検索すると見つかります。

カテゴリーは 健康 > 代替医療 です。

 

購読をクリックしていただくと登録できます。
購読、とありますが、無料で聴けます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 


アーユルヴェーダを学んでみたい方はこちらから!

・アーユルヴェーダ体質判断お茶会

自分の体質を知る体質判断チェックを行い、ドーシャの説明やドーシャ別の行動パターンなども紹介してます。

https://peraichi.com/landing_pages/view/2019-3-ocyakai

 

・アーユルヴェーダ心理学 講習

じっくり、アーユルヴェーダの基礎から、心理学まで学びたい方はこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/ayu-basic

 

 

アーユルヴェーダの体質判断イベント

東銀座で、アーユルヴェーダの1day 講習でした。
13時〜14時半と15時〜16時半と2回行い、7名の方に来ていただきました。

ドーシャの話、皆さん、楽しんで聞いてくださり良かった良かった。

イベントを企画してくれた

大塚千恵ちゃん、ありがとうございました😊

アーユルヴェーダ体質判断お茶会は、三軒茶屋オフィスでも、開催中です!

わかりやすくて、楽しく、自分の体質の特徴お話してます。

詳細はこちら! よろしくお願いします。

https://peraichi.com/landing_pages/view/2019-3-ocyakai

春分の日

今日は春分の日。
昼と夜の長さが等しくなるといわれていますね。

昨日は新宿御苑に行ってきました。
桜の花のつぼみも膨らんでいたり、早咲きのものはもう満開なものもありました。

まだ寒い日もありますが、季節はもう春。

 

さて。暖かくなると、冬の間に体の中に溜まった、カパが表面化してきます。

カパというのは、アーユルヴェーダの人間の体を構成する3つのエネルギーのひとつです。

 

アーユルヴェーダの3つのエネルギーの話は

こちらのページをご参照下さい。→アーユルヴェーダの基本

 

冬の寒さを乗り切るために、11月から2月ぐらいまでは、カパのエネルギーが増え溜まっていきます。

カパは体力をつける、脂肪を蓄える、身体を健康に保つ免疫機能を働かせますが、

冬の間に蓄積したカパは、春の日差しを受けると溶けだし、体の中の通路を詰まらせてしまいます。

すると

水分代謝が上手くいかず冷えやむくみが起こりやすくなる。
体が重くだるさを感じる。
たくさん寝たのにすぐに眠たくなる。
消化力が落ちて胃もたれする。
口の中がネバネバした感じがする。
クシャミや鼻詰まりや目のかゆみ。
気持ちが沈み、イヤなことを思い出してしまう。

 

といった、不快感に悩まされることが起きてきます。

 

では、その対処策は… というと。

・早寝早起き
なんか当たり前みたいなことですが、良質な睡眠は脳と体を回復させてくれます。
また、睡眠も実はかなり体力を使います。

 

・軽い運動
カパが増えると体が重くなり、運動をする気持ちも起きにくくなりますから、まずは軽めのウォーキングがオススメです。
30分ぐらいのウォーキングでもカパを減らす効果はありますから、ぜひお試しを。
または、通勤や通学の時、エレベーターは使わず、階段を使うというのも良いと思います。

・食事の内容を見直す
人間の体は、食べたものでできています。
まずは、消化力を整え、カパを増やさないような物をとるようにしましょう。

消化力を上げるには、食前に生の生姜スライス1枚にレモン汁、岩塩少々かけたもの食べると胃の調子が整います。

苦味、渋味、辛味のある食べ物をとる。
苦味や渋味のある食べ物は山菜、菜の花、ふきのとうなどの春の旬野菜などです。
辛味は、黒コショウや生姜など。

あと、甘い物も少し控えましょう。
甘味は、体力もつけてくれますが、取り過ぎるとカパが増えてしまい、体の冷えも起こしやすくなります。

さて、春本番も、もうすぐです。
衣替えをするのと一緒に、体と心の衣替えもして、春を楽しみましょう!

————————————————————————————

自分の体質を知る。
【アーユルヴェーダ体質判断お茶会】
3月の開催と情報はこちら!
https://www.facebook.com/events/2183005375122999/

アーユルヴェーダ講座
4月より新カリキュラム開始です。
講座の詳しい内容はこちら↓
http://www.cobra-pic.jp/gattonero/ayurveda/ayurvedic-psychologynew/